バストアップ塾TOP | バストについて | 豊胸美容整形バストアップ | バストアップエクササイズ | バストアップマッサージ | バストアップサプリメント他 | リンク集 |

ヒアルロン酸注入でプチ豊胸

ヒアルロン酸注射による豊胸・バストアップとは

プチ整形と呼ばれるものがあるように、バストアップのための豊胸手術にはプチ豊胸と呼ばれるものがあります。それがヒアルロン酸を利用した豊胸手術です。このヒアルロン酸を利用したプチ豊胸の手術の場合、通常の豊胸術と違って切開が必要ないため、気軽にできると人気があります。

ヒアルロン酸はもともと人の身体の中にある成分であるですので、安全性も非常に高く、手術にかかる時間も短時間で可能です。また術後も入院の必要がなく、ダウンタイムもほとんどないのがメリットです。

プチ豊胸で使われているヒアルロン酸は、これまではしわを目立たなくする美容治療として主に使用されていたものですが、最近では豊胸・バストアップでも広く利用されるようになっています。

豊胸手術で注入されるヒアルロン酸には、分子の大きいSUB−Qというヒアルロン酸と、粒子が細かいヒアルロン酸でバーレインと呼ばれるものとの2種類があります。

その2種類のヒアルロン酸は豊胸の目的によって使いわけられます。SUB−Qは張りのあるバストが実現でき、一方バーレインは柔らかく自然なバストに仕上げます。

プチ豊胸の注意点

小さなバストに悩み、バストのサイズアップを図ることを望んで受けるプチ豊胸、プチ豊胸をするにはヒアルロン酸の存在は欠かせません。ただしいくつか注意すべき点があります。

まずヒアルロン酸注入による豊胸の効果は永久ではありません。これはヒアルロン酸が約半年や1年程で体内に吸収されていしまうためです。約3年から4年が持続期間だといわれています。

粒子の大きなSUB-Qというヒアルロン酸なら2年近く留まることができるので、豊胸バストアップの効果が維持できます。

またヒアルロン酸はもともと体内にある成分ですから、体内に取り入れてもアレルギー反応を起こすこともなく、その点ではプチ豊胸は比較的安全な豊胸、バストアップ手段といえるのですが、100%トラブルが無いかどうかといわれればその保障はないようで、日本の形成外科学会では、大量のヒアルロン酸を体内に注入することは認められていないといいます。(ただしヒアルロン酸を注入する場合は、少しずつ確認しながら行うので大量に注入することは実際ほとんどないでしょう。)

またヒアルロン酸注入によって豊胸の効果を持続させたい場合は、定期的に注入する必要があります。その点をよく踏まえた上で、信頼できる医院を探し充分なカウンセリングを行い、納得してプチ豊胸を行うことが大切です。

※今人気バストアップ商品はこちら楽天市場バストケア商品ランキング

≪お得なエステ体験≫格安で体験♪エステ体験の人気ランキング!




▼同カテゴリー「 豊胸美容整形バストアップ 」の記事一覧
美容整形による豊胸
バッグ挿入法で豊胸
脂肪注入法で豊胸
ヒアルロン酸注入でプチ豊胸
光豊胸手術
 
バストアップ塾TOP | バストについて | 豊胸美容整形バストアップ | バストアップエクササイズ | バストアップマッサージ | バストアップサプリメント他 | リンク集 |